新中学1年生の保護者の方へ

 

新中1生の保護者の皆さん。

もう少しで中学入学です。

中学に入ってお子さんがしっかり勉強をしていけるだろうか。大変心配だと思います。

中でも中学1年から科目として学習する英語をしっかり理解できるだろうか。

特に保護者の方で、学生の頃英語が苦手だった方にとっては特に心配だと思います。

保護者の方で昔英語が苦手だったのも無理はないのです。

だって、学校の授業だけで英語を完璧に理解できる生徒はほぼいないのです。

理由として、教える先生の力量の問題と、英語そのものが日本人にとって難し過ぎるという事があります。


しかし言えることは、『中学1年の英語の学習で中学3年間が決まる』という事です。

中学生3年生で英語が嫌い(できない)人にいつごろから嫌いになりましたか?

と質問すると、大多数の人が、中1の2学期で「複数形」、「三人称単数」が出て来たころから。と答えます。

確かにここが一つの山場で、ここを乗り切れれば、後はすんなりいく場合が多いです。

でも本当の山場は be動詞の理解なのです。

山場と言っても、ほとんどの人(すべての人と言っても良い)は be動詞の本来の意味を理解しないまま中学を卒業します。

という事は一生理解しないまま終わるという事です。


でも頭のいい人は、本来の意味を理解出来なくても、無理やり用法を覚えてしまうので、中学英語くらいは問題なく終了できます。

でも中間レベル以下くらいの人にとっては、意味不明なものを覚えることは出来ないので、結局、英語は出来ないまま終わります。

ですから、そのような人にとっては、理解できることが必要になります。

be動詞の本来の意味は、

『・・・の状態で存在する』という意味です。


今まで、先生が教えてくれましたか?


この意味を中学1年生の初級学習者に理解させて初めて英語が理解できるのです。


とにかく中学1年生の英語をすべて理解できれば、中3まですんなりいく場合が多かったです。(過去は)

しかし今年の新中1生は違います。


新中1生が2年になる時(来年)新指導要領に変わり、急に英語が難しくなります。

詳細は塾・孔明の過去のブログを参照ください。


なので学校の勉強だけでは中2からついていけなくなる生徒が続出するでしょう。

なので、塾・孔明で学習すれば、人によりますが1年間で現行の中2の真ん中位まで理解しておくことができます。


来年になったら、通いたくてもどこの塾も一杯。なんてことになりかねませんよ。