小学6年生はこの12月から中学英語を先取り学習しませんか

 

2020年度より、小学5年生~英語が正式科目として今の中学1年生から学習する内容を前倒しして学習することが決定しました。

当然、試験もされ、成績を付けられます。

塾・孔明ではそれらを先取りし、小学4年生~中学英語を教え、中学入学までに中3の内容の学習開始を目標としています。

高校卒業まで通塾して貰えれば、英検2級どころか、準1級まで合格できる可能性が出てきます。

日本人がリスニングを特に苦手としている理由として、英語は自分が発音できる音しか聞き取れない事が証明されています。

塾・孔明では英語学習開始時、英語の発音をしっかりと出来る様、英語発音講座を受けて頂きます。CDの発音を正確に真似て発音できるようにしていきます。
文法の学習は、中学生が使用するテキストをそのまま使用します。

小学4年で中1のテキストからスタートして、小学6年で既に中3のテキストを勉強している子もいます。

小学6年生の保護者の方へ。

この12月~入塾して貰えると、中学入学までに中学1年の1学期終了レベル(Be動詞と一般動詞の使い分け)まで進むことができ、

中学入学後、他の生徒にかなりの優位性を発揮できます。

特に中学1年生の半数以上がつまずく、複数形、3人称単数については中学入学後4月、5月にはマスターできますから

中学3年間の英語学習に余裕ができます。

ただ保護者の方の中には、下手に教えられて、英語が嫌いになったら困ると心配される方がいます。

中学校の英語の先生ほど英語の教え方が下手な人はいませんから、事前に塾・孔明で勉強しておくことでその弊害を減らすことができます。

塾・孔明では、小学4年生から英語を先取り指導しますが、

決して英語嫌いにならないように細心の注意を払って指導しています。

過去、英語嫌いになった生徒さんはいないと自負しています。


塾・孔明でこの12月から中学英語を先取り学習しませんか。