高校生コース

高校生コースは英語と数学を指導します。

高校生コース

中学で5~7段階だった小松高生・西条高生の国公立大学合格を目指します!

高校生コースは英語と数学を指導します。

英語

英語

「文法学習」「長文読解学習」の授業を行っています。

日々の基本は「文法学習」です。高校で学習する英語は中学で学習する内容と量も進捗も断然多く、早くなります。塾の役割も中学生の時とは違って、学校の予習、復習、プラス塾の授業という位置づけとなります。

中学では英語の予習、復習は塾だけで済んだと思います。ところが高校では、学校の予習、復習まで塾で面倒を見る時間が無いのが実情です。教科書の予習、復習は各自で行うのが基本です。また、単語、イディオムの暗記も当然各自で行う必要があります。

ですから、教科書の予習、復習、単語の暗記等は各自で行った上に、塾では網羅的な文法学習、文法に準拠した長文読解を行います。

「長文読解学習」は長期休暇等に集中的に行います。やみくもに、難しすぎる長文を読んだり、暗唱したりして成績が向上するのは一部の優秀な人だけで、大部分の生徒は、基礎力をいかに向上させ、長文読解の苦手意識を払拭させるかという事です。

なお、塾・孔明の英語の授業の最大の特徴は、文法授業時、長文読解時、毎回個室(対面式)でマンツーマンの対面指導を受けられることです。ここで発音、基礎英語力、等のチェックを毎回行います。

高校生に対しても、正確な発音に対する指導に妥協はありません。

数学

数学

高校の教科、特に数学、英語、物理、化学、の難しさは中学と比較して雲泥の差があります。中学時代に優秀でほとんど勉強しなくても出来た人に良く陥ることで、中学時代と同様、勉強しなくてもできるだろうと考え、あまり勉強しないと1年後に全く分からなくなることが良くあります。

逆に、中学時代から一生懸命勉強して何とか進学校に入学し、高校入学後も一生懸命勉強はしているけれども、高校の勉強があまりにも難しく、ついていけないという場合もあります。

前者の人は、もっと勉強時間を増やす必要があります。後者の人は、勉強のやり方を変え、時間効率を上げる必要があります。

塾・孔明では1回の授業約90分でやるべき課題を与え、できるだけ時間内にやりきるよう、スピードと正確さを身に着けさせます。

数学に関しては、学校の教科書と塾のテキストの内容が同等ですから、学校の進捗より早め、塾で予習できるようにしています。学校で復習、学校の宿題で定着というパターンに持って行きます。高校の数学の難しさは相当なものです。

塾・孔明で完全理解しましょう。

料金表&時間割はこちら