塾・孔明の強み

塾・孔明の強み

塾・孔明の強み

塾・孔明の強み、他塾との差別化について

学習塾のタイプは大きく分けて、集団授業のタイプ、個別指導のタイプに分かれます。

集団授業のタイプ

集団授業のタイプは、1クラス数名(10人前後が多い)を相手に講師が授業を行い、ある問題の解説を行い、次に生徒が関連問題を解く。その後、講師が回答を説明。次の問題の説明に移行。という風に授業が進展していく。

講師一人で10人前後の生徒を任せられるので、授業料を安く設定することが可能となります。この授業が成り立つためには、生徒全員の学力が似通っていることが前提になり、そのため、大手塾では、学力別クラスに分けることが行われます。つまり、ある程度大勢の塾生が集まる塾でないと取れないシステムです。

個別指導のタイプ

個別指導のタイプは、基本的に一人一人に区切られたスペースを与え、個人個人のレベルに応じて別々の課題に取り組ませる。生徒2~3人に講師一人の場合が多い。生徒の学力がバラバラでも成り立つことや、講師に授業をする能力をあまり求めない事から近年多く採用されています。

難点は、講師一人で2~3人しか対応できないため、授業料はかなり高めになります。
また、講師をたくさん用意する必要があることから、講師の質が低下せざるを得ないという弊害もあります。

塾・孔明は集団授業・個別指導 併用システム

英語をマスターするための指導

塾・孔明では集団授業・個別指導、併用システムを取っています。つまり、両方の良いとこ取りシステムです。

1クラス最大8名で講師一人ですから、授業料はお安くなっていますし、生徒一人一人の間仕切りはありませんが、個別指導ですから、各自別々の課題に取り組んでいます。

さらに、全員に共通で指導したい内容は、授業形式を採れます。実は、同じようなコンセプトの塾は少なからずあります。

でも、塾・孔明しかないシステムがあるのです。実は、生徒一人一人の間仕切りは無いと言いましたが、1対1の対面指導が可能な個室(間仕切り)があるのです。特に、英語の授業では、毎回全員、講師(塾長)とここで対面指導を受けるのです。

当塾基本方針

  • 少人数制(1学年定員8名)による集団授業+個別指導(個室対面式)!
  • 小学4年生から中学英語を教え、小学6年終了で中2レベル終了を目指す!
  • 小学生は算数・英語指導!
  • 中学生は数学・英語をメインに5教科指導!
  • 高校生は数学・英語のセンター試験8割を目指す!

塾・孔明の成績向上のための指導方法(3段階学習ステップ)

生徒さんを学習塾に通わせる目的は、何といっても生徒さんの成績向上を期待しての事です。
現在、例えば中学生の通塾率は中1から、2年、3年と段々上がり、中3では50%を超えていると思います。

それでは、塾に通っている人は通う前から全員成績が上がっているのでしょうか。

色々な統計がありますが、通塾者の20%位が成績が上がっているという結果になっています。その他の人は、良くて横ばい、悪い人は成績が逆に下がっているとのデータとなっています。まあ、納得のできる数字です。

塾・孔明の成績向上のための指導方法(3段階学習ステップ)

通塾している50%の人全員の成績が上がると言う事は、通塾していない人のほとんどが成績が下がっていかなければなりません。そんなことはあり得ません。

それでは、通塾している人の内、成績の上がらない80%の人はなぜ通塾を続けるのでしょうか。それは、辞めれば、もっと成績が下がるかもしれないからです。

家でほとんど勉強しない。塾を辞めたら全く勉強しなくなってしまう。まあ、こんな理由だと思います。すべての保護者の方に考えて貰いたいことがあります。家で全く勉強しなくても、トップの成績を取る生徒がいます。(中学生に限ってですが)

では、その生徒はいつ勉強をしているのでしょうか。
そうです。学校の授業中に勉強をしているのです。

勉強のできない人は授業中勉強していない

当たり前じゃないかと思いますが、勉強のできない人は、授業中、勉強をしていないのです。勘違いをしないでほしいのですが、勉強のできない人が授業中、漫画の本を隠し見ていて勉強をしないという意味では無くて、先生の言う事がほとんど解らなくて、授業中、教室に座っているだけ、または、意味の解らない黒板をノートに写しているだけで勉強になっていないという意味です。

塾で勉強する時間は、塾によっても違いますが、週に5時間~多くても10時間と言ったところでしょうか。それに比べて、学校で授業を受ける時間は、1日5時間とすると5時間×5日=25時間、塾で週5時間勉強するとして、20%増えるだけなのです。ですから、20%増える程度で成績がなかなかUPしないのです。

ところが、この塾の5時間が50%、100%、200%UPにもなる場合があるのです。


学校の授業がほとんど解らない人は、学校でも勉強時間は実質ゼロの可能性があります。その人が、塾での予習で内容の半分くらい理解できたとして、学校の授業で、塾の復習をすることになり、そこで全部理解できると、結局、学校の授業25時間勉強したことになり、塾だけ5時間UPが、25時間勉強時間UPになるのです

元々ゼロ時間の勉強が無限大UPとなるのです。

これこそ通塾で成績が上がる人の仕組みです。塾・孔明では、学校の授業の進捗より、少し先を予習していくことと学校で真剣に復習をして貰う。そして、定期試験の前に、最終理解チェックで、理解不足の最終フォローを行います。これが、塾・孔明の 3段階学習ステップです。これで、成績が上がらない人はいません。

唯一成績の上がらない人は、学校で、授業中騒いだりして、全く勉強をしない場合です。
そこまでの責任は持てません。