高校入試お疲れさまでした。

 

愛媛県の高校入試が終わりました。

中学3年生の受験生の皆さんお疲れさまでした。

やれやれという思いだと思います。

受験生本人にとって、しばらくは勉強なんかしたくもない。という気持ちだと思います。

その気持ち良く分かります。

しかしです。

合格発表が気になりますが、無事合格した後、

4月になればすぐに入学式。次の日から授業が始まります。

高校の勉強って、ものすごく難しいんです。

特に、数学、英語の難しさって、半端ないです。(普通科の場合。普通科でも学校の差もありますが)


特に今年(2022年度)の新高1生は英語の勉強が本当に悲惨なんです。

ご存じのように、

2021年度に中3生の英語が死ぬほど難しくなりました。(大変だったと思います)

2020年度に小学生の英語が正式教科になり、英単語数として5、6年の2年間で600~700語程度学習することになったため、

2022年度より、その生徒たちが中学、高校と進むときに学習する英単語数は

中学:1600~1800(合計2200~2500)

高校:1800~2500(合計4000~5000)

こういう数字になりました


つまり、2022年度の新高1生から高校での必要な英単語数が4000~5000語になるのです。

(昨年度の入学生は3年間で3000語程度でした)


なので今までだったら


中学の間塾へ通っていた人も、高校に入ってからは塾に行かない人が多くいました。

そして多くの人は高校の勉強の難しさについて行けず、テストでとんでもない点を取って初めて、

これは大変だ。塾で勉強しよう。という人が続出していました。


今年の新高1生から英語が悲惨なことになります。

出来るだけ通塾されることをお勧めします。


高校合格してすぐに塾を再開することをお勧めします。


中学の時通っていた塾を継続するので良いと思いますが、

もし高校部の無い塾に通っていたり、中学で通っていた塾に少し不満があったりする生徒さんは塾・孔明をお勧めします。

理由は当ブログの隅々まで読んで貰えれば分かります。


私に言わせれば最低なのは、映像を見せるだけの塾です。

そんな塾なら誰でもできます。


あの有名な林先生が講義している映像を見せる塾があります。(国語ですが)


見ないより見た方がましでしょうが、時間とコストを考えて判断しましょう。

その時間、もっと有意義な勉強をしましょう。


塾・孔明は高校部は数学と英語だけですが、基本はこの2教科です。

その2教科の勉強時間を極力減らすことができれば、その他の教科は通塾以外の時間を有効に使って勉強しましょう。

映像を見せない塾の方が信頼できます。