勉強の好きな人っている?(2020)

 

前にも同じようなことを書きましたが、

勉強が嫌いな人ってどれくらいいるのでしょうか?

何かの記事で読んだ気がしますが、確か中学3年生で半数以上が嫌いと答えていたと思います。

塾・孔明の塾生の中でも勉強が嫌いなんだろうなと思われる生徒さんが何名かいます。


じゃー、勉強が好きですか?

と質問したらどうでしょう。

好きでも嫌いでもない。という人がこれまた多くいて、勉強が好き。という人は1割もいないのではないかと思います。


例えば、お父さん、お母さん(仕事をしている人)に今の仕事は好きですか。と聞いたらどれくらいの人が好きです。と答えるでしょうか。

ほとんどの方は、好きでも嫌いでもないけどお金を稼ぐためにやっている。と答えるのではないでしょうか。


勉強も同じだと思います。

好きではないけれど将来のため良い高校、大学に行けるよう仕方が無いのでやっている。という人が大半だと思います。

だって学校の勉強って、本当に面白くないです。

ゲームやったり、TV 見ている方がずーっと面白いです。

でも・・・・。


大人の中にも、仕事が面白くないのですぐに辞めて仕事を替える人がいます。

でもそういう人は世間から信用されず、結局まともな仕事に就けなくなる確率が高いです。


学生も同じです。

勉強が面白くない。と言って勉強から逃げるような人は結局まともな高校に行けず、結果将来、低賃金の仕事をするしかない確率が高いです。

面白くもない勉強を必死に出来る人が、将来仕事で苦しい時、逃げずに問題を解決できるのです。


学生時代、勉強から逃げた人は、いくら自分はやればできる人だと訴えても、世間が信用してくれないのです。


勉強はほとんどの生徒にとって面白くないものです。

それを我慢して勉強できる人が将来信用されるのです。