算数の九九が言えても時間がかかってはダメ。

 

小学生、特に4,5,6年生の保護者の皆さん。

お子さんの学力を適切に見抜けていますか?

例えば算数のテストで何点を取っていますか?

ひっ算の掛け算、割り算をやらせてみてください。

掛け算、割り算には九九を間違えると正解は出ません。

うちの子は計算間違えはほとんど無い。と言われる保護者の方へ。


小学校でテストに出る計算(ひっ算)で間違えないのは当たり前であって、

それを間違えるようでは、中学生になって非常に苦労します。


問題は計算の早さなのです。

掛け算をするためには、九九を間違えないことと、足し算を間違えないことが要求されます。

計算が早い人と遅い人との差は、九九の答えが一瞬で出るかどうかにかかってきます。

6×7=で、(ろくしち42)とすぐに出る人と、

6×2(ろくに12、ろくさん18、・・・)と順番に言わないと、ろくしち42と出ない人がいます。

これだとひっ算に時間がかかるわけです。

学校では時間がかかっても答えが合ってれば丸を貰えるため、このように九九が一瞬で出ない人を見逃してしまいます。

うちの子は計算が遅い。といわれる保護者の方へ。

九九を次の順番で言わせてみてください。

2×2=、3×2=、4×2=、・・・

2×3=、3×3=、4×3=、・・・

2×4=、3×4=、4×4=、・・・

詰まらずに言えますか?

これに詰まるようだと、中学でかなり苦労します。


その場合、これを詰まらなくなるまで練習させましょう。