塾・孔明に行かないのは損。(パート2)

 

以前にも書いたのですが、

塾・孔明以外の塾へ行っているお子さんは、塾・孔明を知らなくて可哀そうだな。と思います。

すごい自信だな。という声が聞こえてきます。

他の塾の事も知らないのにどうしてそんな事が言えるんだ。という声も聞こえてきます。

何故言えるかというと、

私が中学、高校時代、先生から教わって、分からなかった事がたくさんあります。

特に、英語。

例えば、

前置詞の使い分け、なぜ be surprised at が atで、be pleased with が with なのか?

不定詞と動名詞の使い分け、なぜ、want to  が不定詞しか取れず、 enjoy ~ing が動名詞しか取れないのか?

書ききれないくらいたくさんあります。私が学生の頃はとにかく理屈じゃなく覚えました。

中でもほぼ理解できなかったのが、be動詞です。

イコールの意味だとか、・・・・です。という意味だとか。

使われる文章で全く違う時があります。

ビートルズの歌で、「Let it be」というのがありますが意味が全く分かりませんでした。


5年前に塾・孔明を開塾したのですが、その前に、塾用の教科書をほとんど取り寄せ見比べてみました。

全てのテキストには、英語はこういうルールになっています。としか書かれていません。

という事は塾・孔明以外の塾では、これはルールです。という教え方をしていると思われます。

現在の学校の教科書にも、塾用のテキストにも、こういうルールです。覚えてください。としか書かれていないのです。

という事は塾・孔明以外の塾へ行っている生徒さんはそう教わっているはずです。

be動詞の説明も先ほどの、イコールの意味だと書いているのがほとんどです。

これでは第2文型(S V C)の説明にはなりますが、第1文型(S V)の説明になっていません。

詳細は省きますが、(あまり言いすぎると塾に来る意味が減るので。)


塾・孔明は違います。

私が昔疑問に思っていたことを、会社員のころ、将来会社を辞めた時開塾する予定で20年以上勉強を続けてきました。

TV、ラジオ、雑誌、あらゆることを利用してこれらの事を学習、解決させました。

ですから、他の塾とは違って、私が昔疑問に思っていたことを全て、理屈で説明できるのです。

なので、

塾・孔明以外の生徒さんは損をしている。

と言い切れるのです。

逆に今来ている塾生は本当に得をしています。

おまけに塾代は安いし。

西条の他の塾へ行っている生徒さんは本当に可哀そうです。