来年の計画を早めに立てよう

 

今年も残すところ後4日となりました。

『1年の計は元旦にあり』とよく言います。


意味は、一年の計画は年の初めである元旦に立てるべきであり、物事を始めるにあたっては、

最初にきちんとした計画を立てるのが大切だということ。です。

ところが、元旦に1年の計画を立てても続かない人がほとんどです。
昔から、三日坊主という言葉があります。

何かを始めても3日もすれば飽きてしまい続かなくなる。という意味です。

最近では、3日も続けば良い方で、1日で辞めてしまう人がほとんどです。

逆に、何かをやろうと決心して、3日続けることができれば1週間続けることができ、

1週間続けることができれば、1か月、

1か月続けることができれば、3か月、6か月、1年、2年、・・・と続けることができます。


つまり、まず決心したことを3日続けることが大切になります。


という事は、

元旦に決心しても続く保証は無く、

その前、年末の三日間続けてみて、続いたことを元旦に再度決心しなおす方が良い結果をもたらします。


ですから、12/28日には来年したいことを計画し、残り3日間実行してみる。


そしてそれが出来たら元旦に今年1年続けるぞ。と決心すればOKです。


今年こそは成績を上げてみせる。と決心するあなた。

今日から必死に勉強しましょう。