生徒本人が成績を上げたいと思っていないと無理

 

中学生、高校生の話をします。

学校の授業についていけないとか、学校で分からないことが多い。とかの理由で通塾を考えている保護者の方と、生徒さんへの内容です。

仮にどこかの塾に通い出すとします。

保護者の方の多くは、通塾すれば成績が上がるものと思っています。

生徒さんの多くも、同じように思っています。

ところが・・・。

全国の塾の統計で、通塾前と後で、成績が上がった人の割合は、何と、

20%なんです。
ええ、そんなに低いの! と思われると思います。
それが実情です。

その他の80%の人は、横ばいもしくは逆に成績が下がっています。

横ばいの人も、塾に行っているからこそ横ばいなのであって、塾を辞めたらもっと下がるかもしれませんし、下がっている人も、塾を辞めたらもっと下がるかもしれません。

いずれにしても、通塾したから必ず成績が上がる保証は無いのです。

少なくとも言えることは、

行かないよりはまし! という事です。

それでは、通塾して成績が上がる人の最大の特徴は何でしょうか。

過去にも同じような内容のブログは載せていますが、今回の内容はそれらを超えた内容になっており、

究極の答えを発表します。

それは、

生徒本人が成績を上げたいと思っているかどうか。という事です。

そんなの皆思っているよ。という声が聞こえてきます。

本当でしょうか。

運動の部活をしている人なら分かると思いますが、

全員がレギュラーになりたいとか、全国大会に行きたいとかは思っていません。

そのために必要な努力と苦労が分かっているからです。

そんな苦労してまでレギュラーにならなくても良い。楽しく部活が出来れば良い。と思う人もいます。

でも中にはレギュラーになりたい。全国大会に行きたい。と思う人がいます。

そういう人はそのために必死に練習します。他人の何倍も練習をします。

勉強も同じです。

成績を上げたいと思ったら、必死に、他人の何倍も勉強する必要があるのです。

それもしないで、成績が上がればいいなー。みたいな、単なる願望をもって塾に行っても駄目なんです。

本気で成績を上げたいと思っている人の入塾を歓迎します。

力の限り応援します。